震災支援活動から交流活動へ

2011311日、東日本大震災発生。

 

 

地震発生直後、有限会社ガレージ湘南代表取締役の日向正篤は、友人で気仙沼出身であるジャズドラマー バイソン片山から「家族と連絡が取れない」との連絡を受け、とにかく現地に行ってみようと地震発生から9日後、日向氏は燃料や物資を積み、バイソン氏の実家がある気仙沼へ。想像を絶する現地の惨状につき動かされ、必要な物資をヒアリング、茅ヶ崎にて周知活動、募金、物資の募集を呼びかけ、再び気仙沼へ。

 

同年4月には、日向氏の想いに賛同した茅ヶ崎市内の飲食店経営者、美容師、整体師等総勢40名が参加し、11種の模擬店を展開。二人の想いは、いつの頃からか茅ヶ崎の「ちが」気仙沼の「けせん」から「ちがけせんプロジェクト」と呼ばれるように至り、規模を拡大し、翌年には気仙沼のジュニアサッカーチームを茅ヶ崎に招待するプロジェクトが始動、茅ヶ崎の子供達と気仙沼の子供達にも「絆」を結ぶことになりました。

 

活動を継続するために

ちがけせんプロジェクトでは、主に三つの事業を行っています。

 

特に、子どもの支援活動に力を注いできました。

未来を担うのは子どもだからです。

 

気仙沼には、海が怖いという子どもがいます。

あの日を思い出してしまうから、学校に行きたくないという子どもがいます。

 

気仙沼特産物の販売収益を支援活動資金に充てながら、気仙沼の子どもたちの心の復興、茅ヶ崎の子どもたちの心の成長を支援します。

 

 

仮設住宅居住者への支援事業

 

震災直後の気仙沼の惨状は、言葉を失うものでした。

 

支援物資が行き届かない場所もありました。

少しでも、できることを、ひたすらやりました。

必要なものを聞いては茅ヶ崎に戻り、気仙沼に運びました。

気仙沼市民、産業への復興支援事業

 支援事業のための収益事業を行っています。

 

その多くは気仙沼特産物の販売事業です。

販売利益は、当法人支援事業資金になります。

 

助け合い精神を未来に繋ぐ事業

 

震災の年、気仙沼のサッカー少年たちがサッカーをする場所がなくなってしまいました。

 

グランドに仮設住宅が建設されたためです。