仮設住宅居住者への支援事業

震災直後の気仙沼の惨状は、言葉を失うものでした。

 

支援物資が行き届かない場所もありました。

少しでも、できることを、ひたすらやりました。

必要なものを聞いては茅ヶ崎に戻り、気仙沼に運びました。

気が付けば、その数は増え、茅ヶ崎中の飲食店や理容美容店など、多くの支援者が参加し、いつの日か「ちがけせんプロジェクト」と呼ばれるようになっていました。

 

今、仮設住宅から人々は移住し、もう取り壊しが決まっています。

それでも、ちがけせんプロジェクトは引き続き気仙沼を訪れています。

ちがさき特産「しらす丼」を振舞い、ちがさきのミュージシャンによるライブなどの催しを実施しています。

 

それまでのコミュニティを失ったり、交通の便が大きく変わったり、子どもやお年寄りには負担も大きいことです。

あるいは、強い人も弱い人もいるのが人間です。

 

少しでも、できることを、の精神は今も変わることがありません。

 

 

 


気仙沼市民、産業への復興支援事業

 

 

支援事業のための収益事業を行っています。

 

その多くは気仙沼特産物の販売事業です。

販売利益は、当法人支援事業資金になります。

 

茅ヶ崎市内や湘南エリア界隈でのイベントで、焼き立てのサンマを見かけたら、声をかけてください。

おいしいサンマ、ホタテ、ふかひれラーメンなど、ぜひ召し上がってください。

 

 

「フカフカ団子を広めようプロジェクト」

 

リアスフードグランプリ2014グランプリレシピ、フカフカ団子。

気仙沼の高校生が考案したレシピです。

 

鮫肉を使用した低カロリー高タンパクなヘルシーメニュー、アレンジは無限大。

ちがけせんプロジェクトでは、オピニオンフード協会のご協力のもと、

この商品の販路拡大を支援しています。

 

 

 

 


助け合い精神を未来に繋ぐ事業

 

 

「ジュニアサッカー交流」

 

 

震災の年、気仙沼のサッカー少年たちがサッカーをする場所がなくなってしまいました。グランドに仮設住宅が建設されたためです。

 

その寂しい気持ちをぶつける先がないということが、同じサッカーを楽しむ者として、その心情はいかばかりかと思いました。

それなら、「気仙沼のサッカー少年たちを茅ケ崎に招待して、思いっきりサッカーを楽しんでもらおうじゃないか」ということになりました。

 

3.11以降毎年開催し、例年、茅ヶ崎、気仙沼双方で7~100名が参加し、子ども達だけでなく、大人同士の交流試合もしています。

 

ちがけせんジュニアサッカー交流会は、は、当法人の「助け合い精神を未来に繋ぐ事業」の一環として、「子供たちの心の成長を支援するために」「震災によるハンデを願わくばプラスに変えられるように」そういう想いで始まった事業です。

 

 

最初の年は募金活動で支援を募り、震災の年の8月、気仙沼のジュニアサッカーチームを茅ケ崎に招待することができました。翌年、茅ケ崎の子供たちが言い出しました。「また気仙沼の子とサッカーがしたい、今年は来ないの?」と。 以来、毎年恒例行事となっています。

 

 

 

「僕たち私たちの地震対策」

 

 

2016年8月5日 

茅ヶ崎市総合体育館会議室にて、気仙沼の子どもを招いて茅ヶ崎の子どもたちとともに、地震対策についての防災ディスカッションを実施しました。

 

気仙沼ってどこにあってどんな街?

茅ヶ崎ってどこにあってどんな街?

 

あの日、あの時、気仙沼で何が起きたの?

茅ヶ崎ではどうだった?

 

どうすればもっとよかった

茅ヶ崎で同じことが起きたらどうする?

 

子ども同士、改めて防災について考える機会となりました。